Vラインの顔の良さ
2017.07.28

女性みなさんもアイドルや女優、モデルなど、キラキラしていてきれいな人をテレビや雑誌で目にする機会も多いと思います。このように一般的に見て「美しい」とされている人たちの顔のラインに注目してみてください。みんな、顎先がシュッとしてスッキリした小顔ですよね。そして横から見ても、正面から見ても、どの角度から見ても美しい。また、顔の小さな人はスタイルが良く見えます。このように、小さくスッキリとした顔は、顔単体だけではなく、全身のプロポーションにまで影響を与えます。
よくモデルさんなんかは、7頭身とか8頭身とかいわれていますよね。どんなに足が長くても、顔が大きくドッシリとしていると全身で見たときにバランスが悪く見えてしまいます。また、顔が大きいだけで怖がられたり、実年齢よりも老けて見られたり、頑固者に見られたりすることも少なくありません。顔が小さく、顎先がシュッとしてスッキリした輪郭だと、実年齢よりも若く見え、女性的で優しく知的な雰囲気に見られるようです。今では、小顔が「美」の象徴であるといえるでしょう。
その分、今は自分の輪郭にコンプレックスを持っている方が多いのではないでしょうか?「小顔に見える髪型」や「小顔に見えるメイク術」、「小顔になるエクササイズ」など、雑誌やテレビなどでも見る機会が多くなってきました。目鼻立ちと同じくらい「美」を象徴するのに重要な輪郭ですが、残念ながら、どんなに一生懸命努力してダイエットをしても、小顔に見える髪型を美容院で注文しても、数多くの化粧品を駆使してメイクしても、顔の骨格自体を変えることはできませんし、小顔にはなりません。小顔がいいといわれていても、実際、生まれつき小顔でシュッとして、どこから見ても美しいフェイスラインの人はごく少数でしょう。
また、小顔であっても、顎の形が左右非対称ですと顔自体がいびつに見えてしまいがちです。目も大きいし鼻も高いのになぜか美人じゃない人を見たことはありませんか?それはフェイスラインに問題がある場合がほとんどです。最近では「マスク美人」という言葉があるくらい、実はフェイスラインを隠すと美人な人は多いです。フェイスラインを整えることによって、横から見ても、正面から見ても、どこから見ても美しい顔になれます。フェイスラインを整えるだけで、全身の印象も大きく変えることが可能です。
このように、フェイスラインを美しくするのが一番の「美」への近道であるといえるでしょう。美容整形でVラインを理想の形に近づけましょう。

▲ ページトップへ